[2019/12/08] mac高額売却のコツ!

高く売却できるMac

 

アップル社のパソコンであるMacは、高く売却することができます。高く売却するためには、押さえておきたいコツがあります。コツを押さえることで、売却価格を高くする可能性が高まるのです。また、Macを手放すときには、必ずやっておくべきことがあります。そこで今回は、Macを高く売却するコツや売却する際にやっておくべきことを紹介していきます。

 

 

なぜMacは高く売却できる?

 

Macが高く売却できる理由は、とても人気があるからです。アップル社のパソコンであるMacは、ブランド力があります。パソコン全体のシェアではWindowsに大きく劣りますが、Macのマニアはとても多いです。そのため、Macは中古であっても需要があって、高く売却することができます。ちなみに、Macは比較的に古いモデルであっても、高値で売却できることが多いです。ですから、自宅で眠っているMacがあるなら、売却するのがおすすめです。

 

Macを売却できる場所

 

Macを売却できる場所は、買取業者やリサイクルショップ、オークションやフリマアプリなどが挙げられます。買取業者は、デジタル機器を扱っている業者ならほぼ確実に売却することができます。専門的な知識があるため、デジタル機器を扱っている業者を利用するのがおすすめです。

 

リサイクルショップでも売却できることがあります。しかし、リサイクルショップはMacについての知識がありません。そのため、一般的な買取相場よりも低く査定されることが多いです。Macを高く売却するには、リサイクルショップはおすすめできません。

 

オークションやフリマアプリでも売却可能です。オークションやフリマアプリなら、買取業者やリサイクルショップより高く売却できる可能性があります。なぜなら、自分で価格を設定できるからです。しかし、高い価格設定だと買い手がつかず、なかなか売却できないので注意してください。また、個人間の取引となるため、トラブルに発展しやすいので注意が必要です。

 

買取業者への売却方法

 

買取業者への売却方法は、「店頭買取」「郵送買取」「出張買取」の3つがあります。店頭買取は、業者のお店にMacを持ち込み査定してもって売却する方法です。その場で査定してくれ、即金を得ることができます。

 

郵送買取は、Macを業者に郵送して査定してもらってから売却する方法です、査定後に取引が成立すれば、業者が売却額を銀行振込してくれるのが一般的です。Macが業者に届いて、数日後には査定・振込が終了するケースが多くなっています。

 

出張買取は、自宅まで業者のスタッフが査定しに来てくれて売却する方法です。ただし、業者によっては出張買取をしていないこともあります。また、出張エリアが決まっている業者もあり、お住まいのエリアが出張対象なのか事前にチェックしておくのがおすすめです。

 

 

Macを高く売却するコツ

 

Macを高く売却するにはコツがあります。そのコツを押さえておくことで、査定額をアップさせることができるかもしれません。そこでここからは、Macを高く売却するコツを紹介していきます。

 

付属品を揃える

 

Macを高く売却するコツは、付属品を揃えることです。付属品としては、「アダプター」「キーボード」「説明書」「外箱」などが挙げられます。これらが揃っていることで、査定額がアップする可能性が高いです。もちろん、Mac本体だけで売却することもできます。ただ、高く売却するには、付属品を揃えるようにしましょう。

 

キレイに掃除しておく

 

Macを高く売却するには、キレイに掃除をしておくこともコツです。Macが人気の理由の1つは、デザインの美しさとなっています。それだけに、Macは外観も重要な要素であり、キレイにしておくことで査定額がアップする可能性があるのです。ただし、無理に掃除をして部品を傷めると、マイナス査定になってしまいかねません。そのため、できる範囲でキレイに掃除をすることが大切です。

 

複数の業者を利用する

 

Macを高く売却するコツは、複数の業者を利用することです。Macの買取を行っている業者はたくさんあります。同じMacであっても、業者によって査定価格は違います。その理由は、業者によって査定ポイントや持っている販売ルートが違うからです。場合によっては、業者が違うだけで数万円の差があるケースもあります。そのため、できるだけ多くの業者に査定依頼をして、買取価格を比較してから売却するのが高く手放すコツなのです。ちなみに、ほとんどの業者が査定無料となっています。ですから、安心してまずは査定に出してみましょう。

 

 

Macを売却する前にやっておくべきこと

 

Macは、売却する前に必ずやっておくべきことがあります。それが、「バックアップを作成する」「iTunes/iCloud/iMessageからサインアウトする」「初期化する」の3つです。これらをやっておかないと、後で後悔することになってしまうかもしれません。そこでここからは、Macを売却する前にやっておくべきことを詳しく紹介していきます。

 

バックアップを作成する

 

まずやっておくべきことは、バックアップを作成することです。重要なファイルや必要なデータのバックアップを行っておかないと、売却してから大変なことになります。移行済みなら問題ないですが、まだなら必ずバックアップを作成するようにしましょう。

 

Macのバックアップは、「Time Machin」を使用するのがおすすめです。外付けストレージデバイスを接続し、Time Machinでバックアップを取ることができます。とても簡単にバックアップが取れるため、Macを売却する前にやっておきましょう。ちなみに、他にもバックアップを作成する方法はあるため、自分に合っている方法でバックアップは取っておけば問題ありません。

 

iTunes/iCloud/iMessageからサインアウトする

 

バックアップを作成したら、「iTunes」「iCloud」「iMessage」からサインアウトをしましょう。iTunesのサインアウトは簡単で、iTunesの画面上部にあるメニューバーから「アカウント」「認証」「このコンピュータの認証を解除」の順番で選択してください。その後、Apple IDとパスワードを入力し、「認証の解除」をクリックすればサインアウトできます。

 

iCloudは、Appleメニューから「システム環境設定」を選択し、「Apple ID」をクリックしてください。サイドパネルで「iCloud」を選択して、「Macを探す」を無効にします。さらに、サイドパネルで「概要」を選択し、「サインアウト」をクリックしてください。

 

iMessageは、OS X Mountain Lion以降のMacを使用している場合はサインアウトが必要です。メッセージAppで、「メッセージ」「環境設定」の順番で選択し、「iMessage」をクリックして「サインアウト」をクリックすればサインアウトできます。

 

初期化する

 

Macは初期化してから、売却するようにしましょう。初期化の方法は、まずMacを起動させます。起動直後に「command+R」を押してください。このタイミングが意外と難しく、失敗すると普通にMacが起動してしまうので注意してください。

 

成功すれば、「OSX ユーティリティ」という画面になり、そこで「ディスクユーティリティ」を選択し、「Macintosh HD」を選択してから「消去」を選択します。そして、次の画面で「消去」をクリックしてください。消去が終わったら、「ディスクユーティリティ」を選択肢、「ディスクユーティリティを終了」をクリックしてください。その後、「OSXを再インストール」をクリックし、「続ける」をクリックすれば再インストールされ、初期化が終了です。

 

 

まとめ

 

Macは高く売却することができます。Macのブランド力は高く、中古でも需要があるのです。Macを高く売却するコツは、「付属品を揃える」「キレイに掃除しておく」「複数の業者を利用する」の3つです。

 

また、Macを売却する前には、「バックアップを作成する」「iTunes/iCloud/iMessageからサインアウトする」「初期化する」の3つを行っておきましょう。ぜひ、Macを納得できる金額で売却してください。

iPhone/スマホ/ガラケー/タブレット高額買取

無料査定

質問やご相談もお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-540-721
受付時間 10:00~19:00 定休日:水曜